<< 充実した3連休! | main | くじゅう1人登山 >>

不動産の査定

(昨年の10月)
「坂口さん、私の物件で大儲けしようとしたでしょう!。。。君が査定した私の家だけど、大手の○○不動産は3100万で売れるってよ」
 
それは、弊社の取引先A企業社長様より。。。冷た〜い、それはそれは冷めた声の電話でした。
 
 何故?このような話になったかというと…
 
(昨年の9月某日)
A企業社長様より自宅を売りたいので査定してほしいとご依頼を受けました。
 
弊社の事業の中心は、事業用不動産の売買・賃貸が主で福岡市博多区・中央区の貸ビル・貸倉庫・貸店舗・土地など事業に供する不動産は大得意としますが住宅は取扱いが少ないのが現状です。

が、「坂口さん、君を信頼してるよ!」その嬉しい一言で受けさせて頂くことにしました。
 
従来の査定方法に加え、弊社独特の査定方法そして物件近隣の不動産会社に対する聞き取り調査を行い数日後、査定書にして提出。
 
弊社査定価格 → 1700万円 (売出し価格 1800万円)
 
「坂口さん、1週間考えさせて…」




その後。。。 
A企業社長様曰く…「君が出した査定結果に納得したかったので、大手不動産会社にも査定をしてもらって。。。そこの担当者が言った言葉が。。。」

3,100万円でぜひ当社に売らせて下さい!」
 
これが昨年の10月の冷た〜い電話につながっているのです。
 
 以後、A企業社長様とは何となく疎遠になりましたが、ご自宅はその大手不動産会社が専属専任売買契約(※注)を結び売買営業が始まったようです。
※注:不動産会社1社独占で売買物件を仲介営業できる権利契約
 
A企業社長宅(売買物件)が私の住む地域と近かったので新聞広告で売りに出されているのを幾度か目にしました。

今年2月頃の広告 → 2500万円
今年5月頃の広告 → 2100万円
 
大手不動産会社は専属専任の売却依頼を取る為に、意図的に高く査定した(確信!) 実は良く聞く話です。



これは住宅だけの話ではありません。

私が得意とする事業用不動産についても言える事ですがアベノミクスの恩恵!?で、各不動産会社には売物件が極端に少なく、自社だけで取り扱える物件を探す事を営業の方針としている不動産会社が多い事も、今の不動産業界の傾向です。
 
 不動産を売られる方は少しでも高く!。。。至極当たり前の事ですが、だからと言ってそんな売主の心理に付け込み、売れもしれない価格で査定をして取りあえず独占営業権を取る!

こんな事があっても良いものか…と思います。
 
結果的に。。。今年7月にA企業社長様宅は、その大手不動産会社の仲介で無事契約されたそうです。
 
売買価格→1650万円
 
 先日、久しぶりにA企業社長様にお誘い頂き、美味しいお食事をご馳走になりました!

大手不動産会社の価格交渉の過程など…酒の肴には事欠かず。。。()


 
いろいろありましたが、良い経験ができA企業社長様とは元の仲に戻れそうです。

螢◆璽ビルドは、少しでも高く、 “ 売れる金額 ” で査定を行います(広告。。。笑)
 
※このブログはお客様の承諾を得て掲載しておりますが守秘義務もある為、詳細は割愛している部分もあり分かりずらい部分があります事をお詫び致します。



 

スポンサーサイト

  • 2017.11.11 Saturday
  • -
  • 12:40
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>


selected entries
categories
archives
recent comment
recommend
recommend

links
sponsored links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM